日々更新されるワタシ

目指せ!毎日更新!?頑張ります(笑)

オークション熱醒める

コメントは受け付けていません。

2月 24th, 2014

一時、オークションにハマっていた時期がありました。
といっても、そう遠くない、1ヶ月前のことです。

オークションは胡散臭いものが多い、と思ったのはいつだったでしょう。
それから長らくオークションとは無縁でした。
しかし、ヴィトンの値段が上がって以来、ふとのぞいたオークションに新品ないし良品がうようよしているのを発見、
それからというもの、オークションにハマってしまいました。
私が、一番触手が動いたのがかつての限定品です。
これはヴィトン直営店では入手できないので、状態の良いものであれば安く買えるならば、ラッキーです。

もっとも、画像とは似て非なる商品が届いたこともあります。
大手オークション業者だから安心していたところ、ボロボロのバンドーが届いた時にはクラクラしました。
返品、返金で事なきを得ましたが、これは良い教訓でした。

旅先での同僚の言葉が気になっている

コメントは受け付けていません。

2月 19th, 2014

先日の会社の旅行で、同僚に言われた言葉が妙に心にひっかかっている。

「なんでも自分の考えが正しいと決めつけず、もしかしたら違うかもしれないけど…の前置きをつけて話した方がいいよ」

全くその通りで、私はつい自分の思い込みで話をしてしまう傾向がある。
それが自分でもわかっていたから、きっとこの同僚の言葉はかなりぐっさりと胸に刺さった。
だから、これから直せばいい話なんだけど、
これまでにも私は自分の思い込みで、周りの人に不愉快な思いをさせてしまっていたのではないかと、
どこかで気になってしまっている。

といっても、過ぎ去ったことだから、気にしてもしょうがないのだけど…。

今日になって、また同僚の言葉が思い出され、頭の中をぐるぐる回っている。
神様からのこれからのお告げとして受け止めて前に進んでいこうと思いつつ、
自分の悪い部分を言い当てられるのは、なかなか厳しいなあ。

Tags: ,
Posted in nocategory

最近、気になっていること

コメントは受け付けていません。

2月 4th, 2014

最近太ったせいで、洋服の下でインナー用の下着の裾が気付くとまくれ上がって、
気持ち悪い状態になっていることが多い。

パンツにインしているときはよいが、そのまま出しているときには、
必ず気付くとめくれあがっている状態。
お腹のお肉が少しずつインナーを持ち上げているようだ。

鏡の前に立って、前からみている分にはさほど昔と変化がないように思えるが、
横からみるとかなり情けない体験になっている。

昔、母のボンレスハムのような体形をみて、こんな大人にはならないと心に誓ったはずなのに、
すっかり母親そっくりの体形に近づいている。

痩せなきゃ…痩せなきゃ…そう思いつつ、美味しい誘惑に勝てない私。
簡単に痩せられる方法ないかなあ、なんて思っている時点でアウトなんだろうなあ。

努力をしない自分を残念に思う反面、こうして年をとっていくのかなあと人間くさくなっている自分もいる。でも、痩せなきゃ!!

入金はどこへ?困った

コメントは受け付けていません。

1月 26th, 2014

オークションの振込口座をチェックすると、全く使っていない金融機関口座でした。
これはいけないと、金融機関の変更をし、やれやれと思ったのですが、画面を今日見てみますと、全く反映していません。

翌月反映だからまだ反映していないのだとも思ったのですが、待てよ、これは以前の金融機関口座に入金されるのではないかと思い始めました。
これはマズいです。
だって、入金が引き出せない可能性があるではありませんか。

というのは、この全く使っていない金融機関口座の乱数表を引っ越しの際に紛失してしまって、
再発行をしておらず、しかも小さな声で言いますが、キャッシュカードが行方不明なのです。
いやはや困りました。
入金はどこへ行ってしまうのでしょう。
慌てて問い合わせましたが、ドキドキです。

老後が怖いなら老後に考えよう

コメントは受け付けていません。

1月 15th, 2014

老後に一人というのがとてつもなく怖くなりました。
そこで、手近な相手に結婚してもいいよ、なんて言ってしまいました。
おそらくそうです。

しかし、今そうしなければならない必然性がないのです。
もっというと、むしろ今一緒にいたくない人と老後まで一緒にいられるかというと、それは無理ですよね。

老後は老後になって考えようと思いました。
今好きな人と一緒にいた方が楽しい、無味乾燥な人と今を過ごして、いわゆる安定した老後を迎える必要があるのだろうかと思うのです。
しかも、それは安定した老後に繋がるのでしょうか。

深く考えすぎるから結婚できないとずっと思ってきました。
しかし、簡単に考えすぎてもよくないのです。
ごめんなさい、ほとぼりが覚めるまで隠密行動です。

Tags: ,
Posted in nocategory

セルライト除去はダイエットエステにお任せ!

コメントは受け付けていません。

1月 12th, 2014

お尻や太もも、ふくらはぎと、特に下半身に集中して見られる「セルライト」。

セルライトが塊になったものは、肌の表面がオレンジのように凸凹になってしまい、見た目にも悪くなってしまいます。

セルライトとは、長い時間をかけて蓄積された脂肪に、体内の老廃物が絡みついて出来た塊の事です。

このセルライトは厄介なもので、一度形成されてしまえば簡単には解消しません。

特にダイエットを志している人にとっては、憎き天敵だと言えます。

ダイエットを決意して、食事制限や運動を頑張ってもセルライトを解消する事は難しく、本気でセルライト除去を考えるのならば、やはりエステサロンなどでプロの手による本格的なマッサージなどを受ける事が望ましいです。

ダイエットエステには、セルライト除去に重点を置いた施術が多く存在します。
サロンによって違いはありますが、どのサロンもセルライト除去には力を入れているようです。

ダイエットエステのセルライト除去は、エステティシャンによるハンドマッサージと、専用のセルライト除去マシンを使って行われます。

セルライト除去マシンは、サロンによって特色があり、特殊な光線を当て除去するものや、吸引とマッサージを組み合わせたものなど、様々です。

しかしいずれもセルライト除去に特化したマシンですので、効果的にしっかりとセルライトを取り除いてくれる事は間違いナシです。

エステティシャンによるマッサージでは、セルライトの塊をグイグイ揉み解していくので、決して”気持ちいい”とは言えません。

かなり痛いですが、やはり効果は絶大なのです。

出来てしまったセルライトは、ダイエットエステで綺麗に除去してもらうのが一番確実な方法だと言えます。

Posted in nocategory

今季も大丈夫そうでうれしいな

コメントは受け付けていません。

1月 7th, 2014

春夏トレンドを今更ながらチェックしています。
私がよくチェックするのは、ELLE SHOP、海外メゾンのランウェイの画像も多く、
外人の綺麗なモデルさんばかりなので、とくにお洋服がよく見えることから参考にしやすいのです。

もちろん、トレンドだけに左右されるわけではありませんが、
トレンドを抑えていると去年のものも新しく見えたり、古いものも活用できたりするので重宝するのです。

さて、今年のトレンドは白とパステルだそうです。
ということは、まだ去年のものが着れるということです。

このところ、以前のようにワンシーズンだけではなく、緩やかにトレンドが推移するので、この点は助かります。
昨年購入したものがそのままないしはちょっとプラスしただけで使えそうなので、ホッとしています。

お腹が張って苦しい!

コメントは受け付けていません。

12月 27th, 2013

夕方からなぜかお腹が張ります。
もともと、お腹が張りやすい私ですが、このムクムク感は不快です。

それにしても、何が悪かったのでしょう。
お腹が張るようなものは食していない気がするのです。
お昼は雑炊でしたし、夕ごはんはプロテイン置き換え、とさほど変わったものを食したつもりはありません。

こんな時こそガスピタンですが、あいにく買い置きがありません。
まあ、今晩は予定もありませんから、別段気にせずにいたらそのうち治まるだろうと思うほかありません。

それにしても、いつも思うのですが、お腹が張らない体質の方がうらやましいです。
私は今でこそ食べませんが、栗、お芋は厳禁です。
ですから、大好きな甘栗もトンと食べていませんし、石焼き芋もそうです。

ああ、それにしても苦しいです。

Tags: ,
Posted in nocategory

天然だろうが整形だろうが

コメントは受け付けていません。

12月 23rd, 2013

どうやら整形番組があっているらしいです。
最近はこのようにツイッターのホットワードで、今どんなTV番組が放送されているかを知ることが多いです。
もっとも、そのことによってTVを見ることはむしろ稀です。
ツイッターのつぶやきからおおよその番組内容を知ることができ、あえて見るまでのこともないことが多いからです。

ところで、つぶやきの中に面白いものがありました。
天然だろうが整形だろうが、綺麗な方が有利なんだからどうでもいい、というようなニュアンスのものです。
このつぶやきはおそらく女性だと思われますが、たしかに言い得て妙です。

このTV番組でも、ブスと罵った夫が、整形で美しくなった妻にハグする瞬間があったそうです。
たしかに、見た目は大切、この夫は極端ですが実は至極素直なのかもしれません。

Tags: ,
Posted in nocategory

絶対に、ということはない

コメントは受け付けていません。

12月 14th, 2013

絶対にヌメ革がシミにならないというコロニルのスプレーをかけて、雨の日にヴィトンのサントロペを持ちました。
旅行のため、止むを得ずの措置です。

ぐるりはリペアに出したばかりですので、絶対に濡らしたくありません。
ですので、前日丁寧に丁寧にスプレーしました。
かけすぎて、中の生地が濡れるほどです。
もちろん、底面やその他の部分にもスプレーしました。

そして、雨を弾くはずが山手線内の移動のものの数分で、底に近いヌメ革の一部が、雨によって滲んできています。
た、大変です。
慌てて抱え込むようにして、フキフキしましたが、時すでに遅し、です。

この世の中、絶対に、ということはないのです。
もっとも、丁寧に丁寧にスプレーしたリペア部分は無傷、これだけでも良かったです。